禁煙外来が面倒なときこそ

タバコは百害あって一利です。
癌になるリスクがあることがわかっているのに、なかなか止めることができません。
なぜタバコを止めたくてもなかなか止められないのかというと、タバコの中に含まれるニコチンの中毒になっているからです。
ニコチンが切れると、脳がニコチンを欲しがるのです。
それでついついタバコに手を出してしまうのです。
もし、タバコを本気で止めたければ、このニコチン中毒を克服しなければなりません。
そこで最近注目されているのが、チャンピックスという禁煙のための飲み薬です。
チャンピックスを通して、これまで何人もの方が禁煙に成功しています。
チャンピックスで禁煙ができるメカニズムは非常にそれほど難しいものではありません。
ニコチンを我慢して無理やり摂取しないようにするのではなく、徐々に減らしていき、脳をニコチンのない状態に慣れさせていくのです。
ニコチンと脳の関係をもう少し詳しく説明すると、タバコを吸うと、脳にあるニコチン受容体にタバコに含まれるニコチンが結合して、ドーパミンを放出させます。
このドーパミンは一種の快楽物質で、非常に心地よい気持ちにさせます。
しかし、逆にニコチンが切れると、ドーパミンが減少するので、イライラと不快な気持ちに襲われるのです。
これがタバコを止められない原因です。
そこでチャンピックスは、ニコチン受容体に結合して、あえて少量のドーパミンを放出させるのです。
少量のドーパミンが放出されるので、ニコチンが切れたときのようなイライラ感を大幅に軽減することができます。
こうして、徐々にドーパミンの放出量を減らしていって、最終的にニコチン中毒から解放します。
また、これだけでなく、万一禁煙中に喫煙してしまったときにも効果があります。
チャンピックスには、ニコチンがニコチン受容体に結合するのを妨げる効果があるので、その結果タバコを吸ってもおいしく感じさせないのです。
タバコを吸っても満足感が得られないので、タバコを吸いたいという気持ちもだんだん起こらなくなっていきます。
このダブル効果で、禁煙成功へと導くことができます。
なお、禁煙期間は12週間が基本です。
もうタバコを止められると思い、自分の判断で勝手に止めてしまうと失敗してしまう率が高まります。
なお、12週間治療を続けた場合の成功率は約50%で、二人に一人は禁煙に成功していますが、一回の治療で止めてしまうと、わずか6.5%しか禁煙に成功していません。
焦らず、じっくり禁煙するのがコツですね。