吸いながら辞められるチャンピックス

たばこは「百害あって一利なし」と言われています。
健康のことを考えたならば、たばこは吸わないほうがよいでしょう。
しかし、たばこを止めたいと思っても、すぐには禁煙するのが難しいことがあります。
途中でタバコが吸いたくなってしまい、禁煙に失敗してしまったという方は非常に多いですね。
多くの方が禁煙に失敗してしまうのは、ニコチンの依存症になってしまうからです。
ニコチンは快感をもたらしてくれるため、辞められなくなってしまうと言われています。
禁煙を成功させるためには、このニコチン依存の状態を断ち切ることが重要なポイントとなってくるのです。
そのようなニコチン依存の状態を改善してくれるのが、「チャンピックス(champix)」というお薬です。
チャンピックスは、ファイザー製薬が販売している禁煙補助剤です。
このチャンピックスには、脳内においてニコチンの作用を遮断してくれる効果があります。
その効果によって、ニコチン切れの症状が抑えられるため、たばこが辞めやすくなるのです。
自力で禁煙することが難しいと感じている方は、チャンピックスを使ってみるとスムーズにたばこを止めることができるかもしれません。
実際に、多くの方がこのチャンピックスによって、禁煙に成功しているのです。
チャンピックスは、禁煙すると決めた日の1週間前から服用し始めます。
ですから、この薬を使用する際には、まずいつから禁煙を始めるのかをよく考えておく必要がありますね。
禁煙開始までの一週間は、チャンピックスを服用中であってもたばこを吸っていて問題ありません。
この期間からたばこを止めようと頑張ってしまうと、かえってストレスになってしまうこともありますから、吸いたくなったら我慢はしないほうがよいでしょう。
チャンピックスを服用して、8日目からは禁煙をしなくてはなりません。
しかしながら、チャンピックスを服用しても人によっては、どうしてもたばこを吸いたくなってしまうこともあるかもしれません。
チャンピックスの効果は個人差があるからです。
禁煙を開始してから14日くらいまでは、たばこを吸ってしまっても問題はありませんので、あまり神経質にならないようがよいでしょう。
なお、チャンピックスの服用期間は、3カ月間となっています。
自己判断で途中で辞めずに、医師の指示に従って継続するようにしてみてください。
この期間頑張って続けることができれば、禁煙に成功することができますよ。